歯医者街HOME

コラム

噛み合わせ合わせ


腰痛、頭痛、耳鳴り、肩こりなど、噛み合わせ異常は身体に様々な影響を及ぼします。
噛み合わせの異常で姿勢が歪むこともあります。
そこで、噛み合わせの大切さを紹介していきます。

目・口・骨格のズレ

1.噛み合わせ異常が及ぼす身体への影響

噛み合わせと身体とは密接に関わっており、噛み合わせの異常により様々な症状を引き起こし、身体へ影響を及ぼします。

顎を動かした時に雑音がする・慢性的な肩、首のこり・耳鳴り・などの症状が著しい場合、噛み合わせの異常を疑った方がいいかもしれません。
虫歯による歯や歯茎の痛みや、不快感により無意識のうちに痛くない顎の位置にずらして噛む用になってしまいます。
長く続くとそれに慣れてしまい、長期に及んだ場合顎の筋肉や骨に負担が掛かり顎関節症にまで発展してしまう場合もあります。
また、虫歯の治療などで歯を抜いてそのままにしていたりしても、噛み合わせの異常につながります。

歯ぎしりや、歯をくいしばるという行動で噛み合わせ異常につながる場合もあります。
噛み合わせ異常が慢性的になると、左右の目の位置のずれ、口の歪み、骨格のずれなど、身体に多大な影響を及ぼします。

Eライン

2.噛み合わせチェック

簡単な噛み合わせの健康チェックです
1.顔を横から見たとき、鼻先と顎を結ぶ直線ライン(Eライン)を上唇が超えている
2.「い」の口をした時、2本の前歯の境面の線(正中線)が上下まっすぐになっていない
3.顎が左右どちらかにずれている
4.抜けた歯をそのままにしている
5.噛む場所が決まっている
6.口を開閉する時顎がカクンとなる
7.正面から見て左右の目のラインと口のラインが平行じゃない
8.慢性的な肩こり・腰痛がある
9.手や足のしびれ・痛みがある
10.姿勢が悪い

当てはまる項目が多いと何らかの噛み合わせのトラブルがある可能性があります。
心配な人は一度医師の診察を受けることをおすすめします。

A,.顎関節症

噛み合わせ異常の代表的な症状は、顎関節症です。
20代の女性に多く、顎の関節や、顎周辺の組織の痛みや機能障害を言います。
主な症状として、口が大きく開けられない・口を完全に閉じられない・口の開閉に伴い「ジャリジャリ・ギシギシ」といった音がする。等があります。
顎関節症はあまり痛みが無く、その為治療を先延ばしにされがちですが、放っておくと外科手術をしなければならない程悪化する場合もあります。
少しでも「顎関節症じゃないかな」と思う人は病院へ行きましょう。
治療は早いにこしたことはありません。

顎から音がする
野菜・果物・豚肉・大豆・豆腐

2.噛み合わせの異常を防ぐには

医者にかからないにこしたことはありません。
そこで、日常生活でできる予防策を紹介します。簡単な事ばかりなので、少しずつでも実践してみましょう。

1.良く噛んで食べる
筋肉をしっかり使い、口の回りを鍛えましょう。
また、左右同じバランスで噛む事を心がけましょう。

2.頬杖をつかない
顎に負担がかからないようにしましょう。

3.うつぶせに寝たり、顎を枕で圧迫される姿勢で寝ない
長時間の顎への負担はダメージが大きいです。なるべく上を向いて寝ましょう。

4.十分な睡眠をとる
十分に休養し、身体の疲れを取りましょう。


運営元:株式会社NEXER(ネクサー)